FC2ブログ
29
2004

無気力

CATEGORY未分類
このまま何も言えなくなって、
夏には同じことを繰り返してしまうのだろうか…。

ボンクラで無責任なファンであるからこそ、自分達は無責任な
感情を吐き出し、叫び続けなくてはならないと思う。
せめて、自分達の出来る範囲内で。

なっちの歌声は痛切だった。
彼女達は前を向いて歩いていくしかない。
彼女達の歩く方向を決めているのが「事務所」という存在だと
したら、それを変えられるのはファンでしかあり得ない。

「システムから与えられたものは変更不可能なんだ」と無気力に
陥ることは、自分達が生きているこの残酷な現実世界の仕組みと
全く同じことだと言うことに気づく。

娘。達の世界にそんな暴力的な論理は要らない。
ボンクラはボンクラとして、いつまでも夢を見ていたい。娘。達
がいるから、夢があるからこんな世界でも生きていけるんであって。

僕達は、その暴力的な論理を行使しようとしている事務所に金を
落とし、支えている存在でもある。「変更不可能」だと諦める前に、
僕達には出来ることがある。せめて、自分の立ち位置を明確にする
ことは誰にでも出来ると思う。僕は、このようなやり方には、反対
する。し続けていく。

…夏までに感情はまた上下し、麻痺するんだろうけど、その気持ち
だけは持ち続けていこうと思う。ポジティブな娘。達の姿と、事務
所側からもたらされた決定は切り離して考えていく必要があると思
うし、むしろ、その娘。達の姿でファンを麻痺させるのが奴らの狙
いであって…。


……本当はこんなこと書きたくないんだけどな(泣)。