FC2ブログ
28
2003

独り言

CATEGORY未分類

…****さん、あんたの方がよっぽど素晴らしいと思うよ。
あんたのような、いや、分からないけど、自分の中の汚いものでも出さざるを
得ない、そう言う人達の表現が常に正しいんだ。身体の中から沸き上がるもの
をあなたのかたちで吐き出すこと。それがどんなに下卑たものでも、対象に対
して誠実であることに変わりはない。僕がヌッキモニ。に対してそういうことを感
じながら始めたかと言うと、そうでは無いのかも知れない。正直言って忘れてし
まったと言うのが正解で、実際、僕の記憶力は相当に薄れている…。

自分と娘。について考えること。自分と世界について考えること。娘。と世界に
ついて考えること。そういうところから出てきたものこそが常に人々の心を打つ。

…あなたに、あなた達に対しての称賛は、届かないだろう。
でも、僕はシーンと言うものが消滅した今、あなた達への言葉を贈らずに居られ
ない。僕も、あなた達と同様に、淫らな妄想を娘。達に対して抱いているのだ。
そして、そのような溢れ出てしまう気持ちをストレートに、ありのままに表に出す
ことこそが、僕ら地球上で最低のボンクラがすべきことではないかと思っている。

…ああ、ああ、このような苛立ちに帰結する全ての記述を消してしまいたい。
このような苛立ちは娘。的では無い。娘。達にふさわしくない。

新たな潮流を創るべきなのだろう。我ら萌えボンクラのための。
来年は、それをやろう。なにか、やろう。

だって娘。達がこんなに可愛いんだから!