FC2ブログ
01
2003

あの素晴らしい愛をもう一度

CATEGORY未分類

ろくに寝ないまま友人の紹介で仕事の説明会に。

なにやら海外の某有名キャラクター(マスコット)に関わる
仕事らしいが、細かいことは今日の説明会で聞くことになっ
ている。そうだ、今年は俺は真人間になるのだ。
加護ちゃんに惚れられるような人間になるためにぃ……!!

鼻息も荒く待ち合わせ場所に向かい、友人に紹介してもらった
会社関係者の方と落ち合う。緊張しながら会場に入ると、受付
のおっさんが説明会の参加費用に1000円かかると言う。
一瞬「ん?」と思うが、同行の人がさっと立て替えてくれたの
で、「悪いなー」と思いつつ席に着く。思えばこの時に気づく
べきだった。そのまま会場を立ち去るべきだった。

…そう、結論から申しますと、これ、限りなくマルチの匂いが
する健康食品ビジネスの説明会だったんですねー(泣)。「ビッグ
チャンス」「成功者」「真のIT革命」等の啓蒙的な言葉のシャワ
ーを四時間程たっぷり浴び、説明会が終わる頃には心身共に完全
リフレッシュ!!明日への生きる希望が身体の底から湧き上がり、
僕は夜空に向かって拳を突き上げた、訳が無い。
心身共に疲れ果てて帰路へ着く。…ああ、俺やっぱ真人間には
なれないのかな……あ、明日のイベントの仕込みまだ全然終わ
って無い…ヤバ…。

家に着く。
風呂入って、酒飲んで、チャット等しつつ明日のイベントの構想
を練ろう…等と言う甘い考えは、案の定成功しなかった。普通に
酔っぱらってそのままぶっ倒れて寝る。



起きると、10時だった。…あと12時間。
何にも決まってない。ぐわぁ!!
CDRの焼きミス等に苛々しながらもなんとか仕上げ、一時間程
仮眠し出発。



そして、「ボクノヒトミニコイシテル」。
俺の出番は一番手だってのに時間を三十分間違え、遅刻(本当に
ご迷惑をおかけしました!すいませんでした!)。時間ギリギリ
に会場入りし、加護亜依鉢巻きを締め、即プレイ。またしても
世界で一番寒いプレイ(会場、ほぼ9割が着席)。僕は肩を落とし
ひたすらビールをあおり、「男友達」をかけブースで一人、踊った。

途中、ちょっとした噂話を耳に挟み、泣く。
妄想の中に生きる人間が現実を思い知らされる瞬間。打ちのめされる。
打ちのめされたままイベントは終了。その後はいつものようにファミ
レスでヲタトーク。普通に酔っぱらっている自分、娘。を愛している
とは全く思えぬ下品トーク炸裂。真の娘。ファン、失格!!

10時過ぎ、ヲタトーク終了。
支払いをなんとか終え、気づくと財布には帰りの交通費しか残ってい
なかった。…でも、楽しかったから全然無問題!!

電車乗る。今日は山手線ループは避けるぞ……と決心、ウォークマン
のヴォリュームを上げる。先のちょっとした噂話を思い出し、また
泣きそうに。くそぉ……負けるもんかぁ………!!

ふらふらになりつつ、なんとか帰宅。歯磨き後、ぶっ倒れて寝る。



起きると4時半だった。
ああ……そうだ、今日は高校時代の友達の家にMacをセッティングしに
行く約束だった……。巡回動画サイトを周り、軽くチャット等した後、
出発。新宿で友達と落ち合う。

その昔、圭ちゃんが一人で「からあげカレー」を食していたという伝説
のC&C。かの地に友達のアパートはあった。もう四年は住んでいる彼も、
圭ちゃんを目撃した事は無いという。ああ…圭ちゃん、今、君はどこへ…
ってキショい。やめろやめろ、俺は真人間になるんだぁ……っっ!!!

10時からHさんに新宿の歌謡曲イベントに誘われていたが、Macのセッ
ティングに思ったより手間取る。終電を逃し、そのまま友達の家に朝ま
でお世話に(Sくん、ほんとにお世話になりました!)。

友達と同棲中の彼女は元ルナシーヲタだった。
焼酎をあおりながら、真矢とあやっぺのことなどについて意見交換。あや
っぺの件はルナシーヲタには概ね好意的に受け入れられていたようで、な
にかホッとした。って、もう何年前の話だよ。ああ、歳を取るわけだ…。

テレビのチャンネルを適当に変えていると、いきなり「フォークソングス
3」の映像が!「すいません!ちょっとこれ見せてもらって良いですか!」

結果、萌えまくり。

ごなっとうこそ、今ハロプロに一番求められるスーパー・ユニットだぁぁ!!
この三人のバランスったら、真ん中で微妙に照れた振りをする姐さんったら、
どうよ!もう加速度的にどんどん可愛くなっていくごっちんったらどうよ!!
そして……この面子の中だと妙に健気に見えるミキティったら………!!!
僕はミキティを誤解していたのかも知れない(嗚呼……神をも裏切りかねない
自分の変節漢振りに乾杯!!)。

帰り道、「あの素晴らしい愛をもう一度」を口ずさみながら涙ぐむ。
……姉さん。僕、もうシャバには戻れないかも知れません。