FC2ブログ
09
2001

Anything goes

CATEGORY未分類

偽サイトちょこっと更新。Macのコーナーです。でも今回はWinの人も関係あるかも。


Just think of those shots you got

and those knots you got

and those blues you got

from that news you got

and those pains you got

If any brains you got

from those little radios.....



このコール・ポーターが書いた名曲を聴いていると、僕はいつもand those pains you
got~のところで胸をうたれる。聴くのはいつも大体、ハーパース・ビザールのものなの
だけど。



モーニング娘。のミュージカルに行って来た。(Tさん、ありがとう)
内容については言わないけど、今まで娘。のイベントに行った中で一番感動した。
何が感動するかって、僕はこのミュージカルで初めて等身大の娘。というものが見られた
と思う。それがただ、ただ、感動的だった。

娘。の足音。空気が震える。僕の肌はそれを確かに感じる。
目の前で娘。が笑い、泣き、叫んでいる。その表情はストレートに僕に伝わる。
背伸びをしなくても。オーロラ・ビジョンに目をやらなくても。




モーニング娘。は生きているのだ。




僕はそんな当たり前も当たり前のことを、初めて肌で感じた。

現実の加護ちゃんや辻ちゃんは本当に子供そのままで、圭織は19歳の女の子だった。
よっすぃーは思ったよりでかくって、りかっちは思ったより全然小さかった。
姐さんは本当に綺麗な人で、まりっぺは本当に元気だった。なっちの金切り声はそのまま
で、ごっちんは思ったより普通の女の子だった。圭ちゃんを見ていると、知り合いが舞台
に出ているような気がした。そしてアヤカと大谷(メロン)は可愛かった。

バカみたいだけど、娘。の存在をそんな風にリアルに感じた。そしてそれは感動的だった。
僕のそんな感情は、"I wish"で爆発した。

普通に聴いてるだけでもこんなに揺さぶられる曲って無いのに、自分がそういう気分の時
にやられると、もう、ダメだった。泣きはしなかったけど。

この後のことは書かないけど、モーニング娘。が好きならば、絶対にこのミュージカルは
行くべきだ。そしてなるべく前で見て欲しい。チケットがあればいいのだけど。(・・っ
てあったら俺が欲しいんじゃゴラァ!!)



Anything goesの詞とメロディーみたいに、世界は痛みや苦しみで満ちている。
でも、このミュージカルの根底に流れる精神ーーーーI wishーーーーに触れたとき、
その世界は少しマシになるような気がする。救われる気がする。