FC2ブログ
15
2002

トウキョウ・モナムール

CATEGORY未分類

こんこんと、野球拳をする。

野球拳と言ってもかなりきわどく、全部脱いでもゲームは終わらない。
僕の鼻息は生涯一番に荒くなる。24年間培ったジャンケン心理学の全てを
こんこんにぶつける。次はグーだ!!グーだぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
そんな風に僕らは露伴vsジャンケン小僧ばりの死闘を繰り広げたのだが、
あと一歩でヤレる!というところでこんこんがなんかゴネはじめた。

「え~、本当にするの・・・」

おいおい、ここまで期待させといてお預けかよ!!お預けかよぉぉぉぉ!!
と憤懣やる方なしな所で目が覚めた。
・・まったく、いつからこんなロリコン体質になってしまったんだろうか。
僕はなぜか起きてすぐにピチカートの「悲しい歌」が聴きたくなったが、
棚のどこを探してもCDは見つからなかった。TYOが、TYOの「悲しい歌」が
聴きたいんだぁ!!!JPNじゃねえんだぁ!!!ちなみにJPNは昔の彼女に
初めてあげたクリスマスプレゼントだぁ!!・・・・って朝から鬱氏。
(追記:TYOには悲しい歌入ってませんでしたね。何を勘違いしてたんだろうか)

・・なんか最近こんなんばっかだ。
もっと未来を向いて生きていきたいものです。・・ちなみにこんなに夢ネタ
ばかり続くと嘘だと思われるかも知れないけど、全部本当です。



ちなみに↑の文賞は朝に書きました。今仕事から帰ってきた所。
書いた後こんこんで二回抜きました。そのまま仕事に行きました。死にました。
いや、キツい。二回抜いてから肉体労働するのはキツすぎる。本当に辛かった。
高校の頃は柔道部で毎日ハードな練習しながら、毎日3回コンスタントに抜いて
いたのが信じられない。俺の体力は24にしてもう落ち始めてしまったのだろうか。
んなことねえよな。気のせいだよな・・・。

・・しかしあれですね。オナニーちゅうのはほんと素晴らしい行為ですな。
死ぬまでやめられないでしょうな。モー板とか見てると童貞だとかなんだとか
やたらこだわってる方々が沢山いるけど、ハッキリ言ってんなこと気にする必要
は全然無い。オナニーが気持ちよければオールオッケー。と僕は言いたい。
そう、ことわざで言うと「急いては事を子孫汁」ってやつですな。子孫汁。

自分以外の誰も傷つけずに気持ちよくなれる。
代価を払わず、自分の身体以外に何も要らず、自分のリズムで全てを進められる。
全てが自分の中だけで完結している。完結している。でも。でも。
終わった後、ふと、俺はなんでこの女の子がこんなに好きなんだろう、と思う。

ヌッキモニで言えば、神崎くんがまりっぺを愛するように、
プチ原さんが辻ちゃんを愛するように、圭織も妹さんが圭織を愛するように。

僕はそこにはきっと、なにか理由があるように思う。
僕は初期「ディスコミュニケーション」のテーマ(そういう漫画があるんですが)、
「人が人を好きになる理由」というものが、必ずどこかにあるものだと思っている。
それは多分、僕らそのものの存在に関わる本当に大事なことだと思っている。

僕は、人が人を好きになった時点で既にそこに物語があると思うのだ。
僕はなぜ加護ちゃんがこんなに好きなのか。好きになってしまったのか。
そこには物語があると思う。ただ自分に酔っている訳ではなく、本当にそう思う。

だから、僕は毎日オナニーをしているのだ・・・・・と言うのは嘘で、
ただ気持ちいいからしている。でも、なんで加護ちゃんにこんなに惹かれるのか、
それだけは本当に不思議に思う。類は、なんであんなに紗耶香に惹かれたのか。

僕は普段、そんなことばかり考えているのだけど。
多分、それは恋人と一緒にいる時間に聴いたポップ・ミュージックのようなもの
なのだろう。特に好みのメロディーでも無いし、アルバムの中で一番好きな曲でも
無い。だけど、時が経って、その曲を聴くと胸がどうしようもなく締めつけられる。

初めて自分の心の全てを開いた恋人と、一緒にいた時間。感覚。感触。匂い。
そういったセンテンス。
それらが全て含まれているから僕は加護ちゃんが好きなのだろうか。
もしかしたら、ただ単純に僕が寂しいだけなのかもしれないけど。


どちらにしろ、僕はいつか、加護ちゃんのことを忘れるだろう。
そしてそれは次の物語に受け継がれる。