FC2ブログ
18
2007

たいらな気持ち

CATEGORY普通日記

弟が貸してくれた御緩の最終巻を読む。
どこかのコミュニティのにわか評論はやはり全く当てにならない。
面白い…と言うより、玉吉の作品ならなんでも受け入れてしまう
ような気がする。遙か昔にそねみが始まった時も、何の違和感
もなく、むしろどんどん玉吉の世界観にはまっていった…。

今の僕は玉吉言うところの「たいらな気持ち」なのだろうか。
無感情。今日も"Spartacus"をリピート。あ…少し悲しい。





Xさんが心配してメールをくれる。
メールを交わす内、沈む原因はやはり今の仕事環境なのだろう
な、と思う。誰とも会わず、メールだけのやり取りを毎日繰り返し
ている内に、猜疑心や被害妄想が膨れ上がる。かたちに残らな
い仕事は空しい。自分の一時間を1300円で売っているだけのよ
うな気がしてしまう。自分が誰かの役に立っているのか全く分か
らない。分からないから、いつでも切り捨てられるような気がする。

でも、メールの返事に書いたように一年は、借金を返す目処が
つくまでは続けようと思う。それまでゆっくり色々と治していけば
いい。





御緩、「机の下で足と足を…」のエピソードは自分にも似たような
ことがあった気がするが、どうしても思い出せない。いや、あんな
に激しくなかったよな…。でもお互いに「触ってる」ことはものすご
く意識してた……誰なのか。思い出そうとする内にその女の子は
オカールになる…まいまいになる…。くらくらする。もう寝よう。

Tag:桜玉吉

2 Comments

うたか  

>grenadennさん

お久しぶりであります!なんとなく覚えております…(泣)。

テノーリオ・ジュニオルについて調べられているということは、再発盤でも出たのですかね!?最近はCDを買うお金も全くなくなり、
聴いたことのない曲をiTunesライブラリを
シャッフルして消化する毎日です…。

バーデン・パウエルは作曲家としてもとても
優れていると思います。あの頃からあまり
ブラジリアン・ギターものはあまり手に入っ
ていないのですが、バーデンに憧れた
アルゼンチンのギタリスト、アグスティン・
ペレイラ・ルセーナの1stが最高でした…。

2007/05/19 (Sat) 01:09 | EDIT | REPLY |   

grenadenn  

お久しぶりです、と言ってももう忘れられているかな?
以前のアドレスを紛失してしまい、うたかさんの独特の文章を読めなくなりかなり経ちますが、テノーリオ・ジュニオルの事を調べている際偶然に辿り着いた次第で、懐かしい気分で一杯です。

>自分の一時間を1300円で
月曜日から、私もそういった生活が始まります。最早心の支えはジョビンの音楽くらいですね…。
バーデン・パウエルの神懸り的にすばらしい
「ジェット機のサンバ」を繰り返し聞いております。

2007/05/18 (Fri) 19:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment