FC2ブログ
11
2006

心臓破裂する位の

CATEGORYしみハム


ハロプロの夢は続く…。


北海道のどこか。
ハロプロのみんなは建物で芝居の稽古をしている。
僕は建物の一本道路を挟んだ正面に停めた、ワゴンの上にいる(天井が
開いて上に出られるようになっている)。建物の2Fホールはガラス張り
で、中が見える。

なっちとサッキーが暇なのか、外の風景を見に窓際にやって来る。僕
は両手で大きく手を振る。2人は「あ、うたかさんだ」と言う様に、
階段を下りてこちらへやって来る。僕も信号を渡り建物へと向かう。

稽古が終わったのか、みんながぞろぞろと出てくる。
ミキティとしみハムがやって来る。恋愛スイッチ発動。僕はどうやら
しみハム達といい仲みたいで、稽古が終わったら遊びに行く約束を
交わしていたようで、スキーの話になる。段取りは全てジミーさんに
任せていたっけな…と、そのように返事をする。

しみハムが隣にいる…。しかもこれからみんなでスキーに行く…。
僕は成層圏突破する位に舞い上がり「しみハム、Pファンク踊ろう
よ」と意味不明なことを言い踊りだす。こんな感じで。





しみハムは笑ってくれている。しかし、恥ずかしいのかしみハムは
踊らない。「しみハム、じゃあJB踊ろうよ」と僕はまた踊りだす。
こんな感じで。





とにかく、しみハムが傍に居ることが嬉しくて嬉しくてたまらなかった。
これからの楽しいスキーのことを考えると、嬉しくて嬉しくてたまらな
かった。だから僕は踊り出した。しみハムは困ったように眉毛を八の字に
して笑っていた。しみハムはJBを知らないようだったので「(ビデオ)iPod
を持ってくるべきだったなぁ…」と僕は言った。





今年一番の幸せな夢かもしれない。胸スカイベまで続けこのいい感じ。


Tag:しみハム 清水佐紀 Berryz工房 ℃-ute 中島早貴 モーニング娘。 藤本美貴 ミキティ なっち

0 Comments

Leave a comment