FC2ブログ
30
2006

CATEGORYめーぐる
なぜだかわからないが、1人になると急に落ち込んでしまう時がある。
何か嫌なことがあったわけでもない。しかし僕は酷く疲れて、深く
絶望している。その理由を考えると、愚かな僕の脳はやはりそこへと
辿りつく。

しかしそれはしようがないことなのだ。僕の狂気をその論理へと当ては
めるのなら、僕はめーぐるでしか自慰行為をしてはいけないことになる。
彼女の自由を縛ることはできない。でも、僕はきっと彼女を縛りたいと
思っているのだろう。しかしそう思った時、自分も彼女に縛られたいと
常に望んでいるような気がする。

そして縛られることなく今日も孤独の石を一つ積み重ねる。
彼女の体温が欲しい。鼓動を感じたい。しかし、それが得られることは
ない。僕は死のイメージへと向かっていく。

何度も何度もそれを繰り返す内、僕の中で確実に何かが死んでいく。
愛すれば愛するほど、僕は絶望の淵へと追いやられる。

Tag: めーぐる

2 Comments

うたか  

>名無しさん
なんというか、理屈じゃないんですよね…。
ただそうなってしまうというだけのことです。
イベにも行きますしね(泣)。

2006/10/30 (Mon) 14:08 | EDIT | REPLY |   

ほかほかゴッドねえち  

他にもメンバーいるやん
なかさきとかさー
くだらないなあ

2006/10/30 (Mon) 01:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment