FC2ブログ
22
2006

精神荒廃

CATEGORY未分類
かなり精神が荒廃しているので、仕事から帰って泥酔しながら
写真をいじってみました


居場所の無さを、年々感じるようになってきています。
例えば数年前のように、物語として対象を語り得る友達は少なく
なっているし、僕もどんどん即物的になっています。それでも
僕はやはりあの頃の彼らの愛し方を覚えていて、その愛し方と
美しさ、そしてまた、その2人の関係を遠くから見た時の美し
さ故に未だにどこにも行けないのかも知れません。

その美しさを、愛を共有することはかつて、僕にとって大きな
喜びでした。しかし、年を経るにつれ段々とそのような感覚を
覚えることは少なくなっていきました。そのような共有の場(あ
るいはそれは僕の幻想なのかも知れませんが)に巡り会う幸運も
ありましたが、常にどこかに違和感があり、常にどこかに引っ
かかりがありました。それはとても小さいようなものでありな
がら、僕の意識の中で存在感をむくむくと大きくしていきま
した。そのまま、時だけが過ぎていきました。とても早く。





たぶん、そういう時代が完全に終わったのだと言うことを、
鈍感な僕はやっと理解したのだと思います。僕がいくらBerryz
℃-uteの素晴らしさを語れたとしても、もう誰ともあの頃の
ように話し合えることはないのでしょう。





僕自身も変わり、ハローを取り巻く状況も変わりました。
だけど、僕は2004年2月7日に感じたものと全く同じ感動を
℃-uteに感じているのです。そして僕はあの時、できること
ならあなた達にもそれを感じて欲しかったのです。それが、
ずっと、ずっと僕が思っていたことです。

僕はこれから益々独りになるでしょう。
その前に、なんだかふと、そんなことを言いたくなりました。

Tag:舞美さん ℃-ute Berryz

2 Comments

うたか  

>通りすがりの人さん
もうそれだけでキッズ仲間ですよ(泣)。
あの感覚を共有できる人はそうはいないと思います。
舞美さんは今日も舞美さんでした…。
良かったら今度飲みましょう!メールください!

2006/08/23 (Wed) 00:58 | EDIT | REPLY |   

通りすがりの人  

2004年2月7日って何があったんだろうと思ったら、キッズの六本木FCツアーだったんですね。Berryz工房のデビュー曲が初披露されたり、キッズ全員と握手できたりと夢のような1日でしたね。私は舞美と握手した時、すっかり記憶がとんでしまいました。あれからもう2年以上たつんですね。しみじみ・・・

2006/08/22 (Tue) 09:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment