FC2ブログ
18
2002

Henry the great

CATEGORY未分類

なぜ明日にも修理に出さなきゃいけないようなMacで無理して
日記を書いているのかと言うと。

未報告のモームスアイコン(←半角にさえできない状態・・)があまりに
増え過ぎてしまったのと、あと・・・あと・・・・まあ、いい。日記を
始めることにしよう。

(今日の日記はダラダラと、ものすごく長いです。つまらないです。
すいません。)



モーヲタ・リサーチ。

それは自分がヲタであることを周囲にカミングアウトし、ローカルな娘。
情報を聞き出したり、ヲタではない一般人達の、娘。に対する視点を学ぶ
行為である。時にはトレカやネームタグをプレゼントされたり、辻ちゃん
と同じ学校に通っていたというグレイトなお人と話す事が出来たり、
「娘。のサイトとか良く見てますよ」なんて言うもんだから、「あの・・、
今日はなんだかって知ってますか」と勇気を出して訊ねてはみたものの、
やっぱり全く知られてなかったりと、僕の退屈な日常にキックをくれる
なかなかに刺激的なイベントなのである。

いや、でもこないだ圭織握手会で並んでた時、後ろが「なになん」の人達
で、ちょっとお話させてもらったんだけど、その人達はニッキモニも娘。
ニュースもエスロピも梨華の時間も知らなくて、ちょっと驚いた。
でも考えてみれば俺だってマジファン系のサイトは全然知らないし、同じ
ヲタでも色々コミュニティが出来上がってるんだなあ・・・・こないだの
SPA!の特集みたいな感じで、モー・コミュニティ分布図とか作ったら面白
そうだなあ・・ああ早く圭織と握手してえなあ・・・とか、あん時はそんな
感じで待ち時間を潰したものです。

って話が逸れた。モーヲタ・リサーチだ。

・・・モーヲタ・リサーチ(以下MR)。

それは楽しいことばかりではなく、時にデリケートなモーヲタの心に大きな
穴を開けてしまうこともある。例えばスキャンダルとか。例えばスキャンダル
とか。例えばスキャンダルとか・・・・っていやらしい書き方だよな。うぅ・・。

ああ、でもほんとに悲しいよ。
17、8の女の子なんだから男の一人や二人いたっておかしくないって、頭では
分かってる。そんなことは分かり切ってる。でも、心は絶対に納得しない。

まりっぺは、りかっちは、よっすぃーは、加護ちゃんは、辻ちゃんは、
俺と結婚するべきなんだァ~~~~~~ッッッッ!!!!

・・みんなだって、心の奥底ではきっとそう考えてる筈。
アイドルってそういうもんでしょ。フゥ~~・・・・いいよな、アイドル。

そういう娘。妄想タイムが一日の3分の2を占めるようなキモヲタの僕にとっては、
ローカルで飛び込んできた娘。達の「男の話」というのはまさにマックスウェルズ・
シルヴァー・ハンマーを脳天に振り降ろされた位の衝撃があるわけです。


なんで俺はもっとかっこよく生まれなかったんだろう。
なんで俺はまりっぺの側に生まれなかったんだろう。
俺ってなんか一生結婚できないような気がするな・・。ああ・・寂しい人生だよな
・・・ヲタになればなるほど、娘。達に夢中になればなるほど、娘。達との実際の
距離は遠ざかっていくというこのパラドックス・・・・。俺は一体どうしたらいい
んだろう。・・・・あ~あ、まりっぺみたいな女の子と一回付き合ってみたいよな
・・・・デートしたいよな、デート。

なんて甘美な響きだろう。デート。
まりっぺとデート。「恋しちゃ」の歌詞そのままの、まさにワンダフル・ワールド。
ああ、なんか「酒とバラの日々」がすごい聴きたくなってきたぞ。・・・しかし、
ああいう切ないメロが聴きたくなるってのは、なんなんだろうね。やっぱ本能的に
手の届かないものだって認識しちゃってるのかね、娘。達を。・・・悲しいなあ。

でも、この世には確かに存在するんだよな。ワンダフル・ワールドは。
それを経験してる男が、この世にはいる。あー・・・どんな感じなんだろうな。
ルグランの「夏の日の歌」みたいに信じられないくらい華麗で、きらめいてて、
切なくて、3分間のポップスの中に永遠を感じちゃったりするような、そんな感覚?

・・・いや、違うよな。
きっとろくでもない男だよ。ルグランなんて名前も知らないんだよ。一生「ロシュ
フォールの恋人達」を聴かないで死んでいくような、そんな男だよ。そういう男じゃ
ないと、多分まりっぺみたいな女の子とはつきあえないんだよ、きっと。
少なくとも矢口真里という女の子をまりっぺと呼んでいるような男は、つきあえない
だろうな・・・・まりっぺ。まりっぺ。まりっぺぇエ~~~ッッッッ!!(笑顔に涙)

「真里」とか呼んでんのかな。うぅ・・・羨ましすぎるぞ畜生。
ああ、俺も一生に一度でいいから「こうちゃん」とか呼ばれてみたいなまりっぺに。
・・・やるか。ボイコラで。畜生。寂しいなあ。

あー、でも吉祥寺のキャバクラでまりっぺ似の女の子がついた時はほんとに幸せだった
なあ・・・。泥酔して幻覚が見えてたのかもしんないけどさ、俺、ほんとにまりっぺだ
と思って接してたもんね、あのコに・・・。でも、あのトキメキ、胸キュン感、本当に
忘れらんないよ・・・。今でも店にいんのかな・・・。

あー、早く帰って酒が飲みたい。ルグラン聴きたい。まりっぺのこと考えたい。
音楽と妄想とアルコールの中だけでしか、自由でいられない。

・・・もう、いいよ。疲れた。考えるのはよそう。それより信じよう。
娘。達といつか会えることを。板垣先生くらいのモチベーションで信じこめば、いつか
本当に会えるかも知れない。その頃は多分、もうその男とは別れてて・・・。



・・・今頃、なにしてんのかな、まりっぺ。
俺もいつかはワンダフル・ワールドを見てみたいよ。
・・・・意味不明な日記でほんとごめんよ泥酔。ううう・・・・。