FC2ブログ
10
2002

Like to get to know you

CATEGORY未分類

圭織にはフラワーちゅうか、なんかヒッピーっぽいイメージが似合いそう
だったので、コンピをムタンチスの曲から始めてみることにした。
その矢先に偽ちゃむサイトの1/9の日記を見てモチベーション大幅減。
喫煙、TAKUYAってなんか妙にリアルでいやだなあ・・・。
ま、嘘だろ嘘(と自分を強制洗脳)。

なんか最近またソフトロック熱がぶりかえしてきた。圭織コンピの為に
ストロベリー・アラーム・クロックとか引っ張り出してきたらも~、めちゃ
くちゃいいのよね。"Soft skyies,No lies"とかポップ過ぎ甘過ぎ美味しすぎ!
ウルトラ3の年末半額セールにも結局行かなかったし、今年はモーオフを
ちょっとセーブして、CD買いたいだけ買っちゃおうかなぁ・・・。ああ、
久々に心ゆくまでレコ屋を巡りたい。欲しいアルバムは全部買っちゃいたい。

・・レコ屋巡りにつきあわせても、イヤな顔をしなさそうな娘。と言えば、
やはりこんこんであろう。あのコは根がヲタ・・いや、凝り性のような気がする。
本屋で立ち読みしていて気が付いたら二時間経っていたとか、きっとそういう
タイプの子だと思う。僕が夢中になってCDを漁っている間ほったらかしていても、
きっとこんこんは退屈しないだろう。これがもしごっちんやまりっぺだったり
したら、見る見る内に表情が不機嫌に変化し、口も聞いてくれくなるだろう。

でも逆にそうやってまりっぺを怒らせてみたいような気もする。
まりっぺの素のふくれっ面ほど可愛いものは、きっとこの世には無いだろう。
実際僕は、まりっぺと喧嘩して仲直り・・みたいなシチュエーションの妄想が
大好きで、いつも一人で想像して身悶えしているのだ。まりっぺ本人にして
みれば全くキモいと言う他無いだろうが。・・ああ、キモいよ俺は。

まりっぺの場合、本人がハッキリ「ヲタは嫌いだ」と言う意思表示をしている
分、妄想をしている時、なにかとても複雑な、不安な気分にさせられる。

例えばよっすぃーならば、僕は安心して自分の全てを預けて妄想できる。
加護ちゃんでも、紗耶香でも、圭ちゃんでも、なっちでも、りかっちでも。

でも僕にはなにか、まりっぺの前には「私は私、あなたはあなた」という
一枚の薄い、でもとても硬い氷が張っているような気がするのだ。

僕は時々、その氷の前にやってくる。
まりっぺは僕には全く気づかないようで、誰かとにこやかに喋っている。
僕は彼女に触れることも、話しかけることも出来ない。

僕が出来るのは、ただ彼女を眺めることだけだ。




(旧プッチ)