FC2ブログ
01
2002

I hope you'll stay

CATEGORY未分類

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします・・・・と普通に日記を始めては見たものの、
正月早々眠りこけて山手線を何周もしてしまい、結局家に着いたのが昼過ぎ
という有様。プッチ爆では俺の時だけ左chが聞こえなくなるし、音は飛びま
くるしで(これはみんなそうだったけど)もう最悪。

おまけに最近酒を飲むと訳の分からないことを口走ってしまう癖がついてしまい、
言った瞬間に「あれ、俺なんでこんなこと言ってるんだろう・・」と自分でも思う
んだけど、そう思ったときにはもう遅いというパターンで、その後は一日ずっと
自己嫌悪にかられたりする。昨日もほんと訳の分からないことばっかり喋ってたと
思います。皆さんほんとすいませんでした・・・。

初詣では「今年は加護ちゃんと結婚できますように・・」と祈ってはみたものの、
祈った後に脱退の噂を思い出してしまい、即欝になる。それに16歳からじゃないと
結婚できねーじゃねーかよ。ああ、俺ってなんてバカなんだろう・・・。

初詣の帰りにふとつぶやく。
「加護ちゃんが24歳になったらどうしてるんだろうなあ・・・」
コイタくんがぶっきらぼうに言う。
「加護はその年にはもう結婚してるよ。子供もいるよ」

その言葉は何か凄くリアルで、僕の頭には一瞬にしてその情景が浮かんだ。
そして益々欝になった。今更だからはっきり言うけど、僕は本気で加護ちゃんと
結婚したいと思っているのだ。その前は紗耶香と結婚したいと思っていた。
圭ちゃんとも結婚したいと思っていた。いや、今でも・・・・ん?また訳わから
なくなってきたぞ・・・。ま、いいか。

とにかく、僕が欝にならずに幸せに生きていくためには、
加護ちゃんと一緒に暮らす、というイメージがどうしても必要なのだ。
それは決して大げさな言い方でなく、生きる糧なのだ。

去年散々繰り返したモーオフで分かったことは、僕にとってのモーニング娘。とは
プロレス的な面白さでもバラエティー的な面白さでもなく、音楽と妄想なのだろう、
と言うことだ。テレビもラジオもろくにチェックしない。情報はほぼネット上でのみ
仕入れる。グッズは買わない、ファンクラブにも入っていない。じゃあ僕は一体モー
ヲタとして、何に時間を費やしているのかと言うと、好きな音楽を聴きながら娘。の
ことを考える。ただそれだけなのだ。

3分間のポップスの中でだけ、僕は自由になれる。
加護ちゃんと一緒にいられる。加護ちゃんと愛しあえる。
そのイメージが無ければ僕は生きていけない。

・・・もし加護ちゃんが僕の前から消えてしまったとしても、
僕はまたいつか代わりの子を見つけて同じことを繰り返すのかも知れない。

でも、哀しい。

哀しくて哀しくてたまらない。





・・・て、正月から欝な日記でごめんなさい。
初モームスは、加護ちゃんでした。あ、そうだ。モームスも重要なファクターの一つだった・・。
でも、「俺にとってのモーニング娘。とは音楽と妄想とオナニーです」ってなんかカッコ
悪いなあ。うぅ・・・・。

あと、ハロプロ中野。コイタくんちが近くらしいので待ち時間とかにオフ会しようよ、
ということになりました。参加した~いという方は、メールか電話ください。コイタくん
とこの掲示板に書いてくれてもオッケーなんで、よろしくお願いしま~す。