FC2ブログ
28
2005

妄想

CATEGORYめーぐる
日常はあまりに苦痛で、作業の休み時間、枕の横にめーぐるが
いることを想像する。めーぐるがかけてくれる優しい言葉は結局
僕が作り出したものに過ぎないのだけど、もうそんなことを考え
る余裕は僕にはない。「ほら、仕事がんばって」とめーぐるは言う。
僕はそれだけで泣きそうになっている。「めーぐる、俺、もうダメ
だよ。そっちに行きたいよ」と僕は答える。そっちってなんだろう。

僕はそっちの世界のことを考える。
そこでめーぐるに今日初めて聴いたニーノ・ロータのフェリーニ集
の話をしたい。ジャケットにはサングラスの女性が映っている。
めーぐるが同じポーズを取ってもきっと似合うと思う。そんなこと
を話したいと思う。

気づくと休憩時間は終わりに差しかかっていて、僕はめーぐるに
別れを告げる。5時間後にまた会おう…。

0 Comments

Leave a comment