FC2ブログ
09
2005

舞美さんの膝

CATEGORY舞美さん
なぜか全く人が集まらず(泣)bkko氏と酒を酌み交わす会となったのだが、
楽しかった。お互いにニヤケ炸裂が無かったのは本大会への実力温存。





色紙というグッズをよく見たことが無かったため、1枚だけ買って質を見
てから残りの購入を決めることにした。僕が手に取ったのは桃子だった。
こういう場面で前も桃子を取ったような気がする。

普段のウザさの欠片もない、でも何も喋らない桃子だ。
僕はそんな桃子を見ながら、消化しきれなかったウザさを解消しているの
かも知れない。僕は桃子にストレートに感情を解放できない。





久しぶりに気持ちよく酔ったせいか、キッズの姿が次から次へと目の前を
横切り、消えて行く。目が回る。僕は何を言いたいのか分からない。何を
求めているのかも分からない。

何かを思い出そうとすると、舞美さんのことを想像しながら夜の公園をジ
ョギングしている時のことを思い出す。その瞬間だけ、僕の鈍った感覚は
覚醒しているような気がする。そして、覚醒した瞬間にどうしようもなく
悲しくなる。舞美さんはその妄想の家には居ないし、僕は全く舞美さんと
は無関係で、これから知りあう可能性はゼロに等しく、知りあったことを
想像することは出来たとしても、もう僕の想像はどうしようもなく擦れて
、枯れて、汚れてしまっている。心の底で、そんなことがある訳が無いと
思っている。





音楽を聴きながら走り続けることには、そんな虚無感を振り払うような効
用も確かにあって、今の僕はそういう瞬間にいる時が一番楽かも知れない。


僕は、舞美さんに寄り掛かりたくてしょうがない。
甘えたくてしょうがない。それでいて同時に梨沙子にどうしようもなく甘
えたくなることを打ち明けたい。懺悔したい。


狂気を受け止めて欲しい。

1 Comments

ありま  

今夜、前夜祭はないの?

2005/09/10 (Sat) 11:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment