FC2ブログ
26
2005

CATEGORY未分類
恐ろしく寂しい。
誰でもいいから温もりが欲しい。

それを言葉にした時に益々寂しくなることが分かっていてもうわごとは
次から次へと溢れ出し、それを止めることができない。

僕は忘れることにより寂しさに対処しようとする。
しかし、寂しさはかたちを変え、ひとまわり大きくなってまた僕の元を訪れる。
僕は何がなんだか分からなくなる。

想像力がうまく働かない。
外には雨が降り、部屋には冴えない男が一人いるだけだ。他に誰も存在しない。
キッズはここには来てくれない。しみハムの言葉は僕自身が造り出した言葉で
あり、彼女のものではない。彼女は僕から遠く離れたところにいる。

今、僕が激しく求めているものを彼女がもたらしてくれることは無いだろう。
ずっと、無いだろう。そう考えると酷く恐ろしく、悲しくなり、そして最後にはいつも
の虚無がやってくる。プラスの感動も、マイナスの感動ももたらさない死の世界が。

どうしようもない身じろぎの中体力だけが消耗し、やがて暗闇が訪れる。
僕はこんなことをずっと繰り返していくのだろうか。

0 Comments

Leave a comment