FC2ブログ
20
2005

涙自慰

CATEGORY未分類
ふと見つけた、昔のエロ小説。名前置換。
あの頃の性的感覚、愛の記憶、妄想がそのまま甦る。
小説の中で、あの頃のまま二人は愛し合い、陳腐な、しかし幸せな
結末を迎える。それを見る今の自分だけが、あの頃と違っている。

甦るあの頃の感覚はやたらと鮮やかで、どこをどう辿って今のような
人間になってしまったのか、自分のことであるのに全く理解できない。

迷子になった時みたいに不安になり、周りに助けを求められる大人は
誰も居ない。僕は何年ぶりかにあの子に心の中で語りかけてみる。

どうしてこうなってしまったんだろう。
僕は、自分が殺した感情を取り戻すべきなのだろうか。
或いは、それは取り戻そうとするものではなく、時間とともにこちら側に
少しずつ還ってくるものなのかも知れない。その頃には僕は心の平穏
を取り戻せているだろうか。気を抜くと空虚の中に取り込まれ、もう二
度と戻ってこれなくなるような気がする。そんなのは嫌なんだ。

0 Comments

Leave a comment