FC2ブログ
14
2005

サッキーの陰

CATEGORYサッキー
僕は隣で踊っているAさんをとても頼もしいと思ったものだ。
Jさん、Hさん、Mさん、Sくん、みんな、ありがとう。

Aさんにサッキーの写真をもらい、僕はそれについて考えている。
サッキーは妖しいまでの輝きを放ち、横にはオカールがいる。

僕は人と会う度に自分が健全なバランスを崩してしまったことを知る。
サッキーの陰は、そんな強すぎる直射を遮ってくれる。僕は本気で彼女
と話したいと思う。何かを交換したいと思う。

しかし僕らは現実的に会えない。
枕を抱きしめ、サッキーに伝えたい言葉を噛みしめるしかない。
現実は異常なまでに重い。僕が何を書こうとも、常にのし掛かってくる
のが現実であり、サッキーも、キッズも、誰もそこには居ない。

虚無的な感覚の中にある救いは、ただ泣くことであり、それが普遍的な
悲しみであることを知ることなのかも知れない。激しい頭痛は止まず、
僕は眠りを求めている。

サッキーの陰と体温を求めている。
サッキー、こんなに好きなのにどうして。

2 Comments

うたか  

>だっちさん
サッキーと森…。
昨日買った、タオルにくるまったサッキーを思い出しました。

2005/05/15 (Sun) 13:50 | EDIT | REPLY |   

だっち  

舗装された道路もあぜ道も似合わず、
森を一直線に横切るサッキー。

2005/05/14 (Sat) 17:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment