FC2ブログ
03
2005

素晴らしかったBerryzとの握手

CATEGORYBerryz
キチガイも、ヲタ芸も少なかった。空は晴れていた。
ちなことしみハムと桃子が、自主的に待ち疲れた観客を盛り上げた。
あれだけ嫌いだったスッペシャルに陥落した。僕はこの曲が好きになった。
「やってくれたら最高だね」と友人達と話していた「ピリリ」をやってくれた。
桃子がウザさ全開だった。ジミーさんと同じく、そのウザさが高まれば高まる
ほど抱きしめたくなる。愛しくなる。自分と、自分の友達グループが訳の分か
らない理由によって3000人以上のオヤジと握手しなければいけないことにな
った時。ある友達が自分なりの個性をマキシマムに発揮し、グループを鼓舞し
ようとする。守ろうとする。イベントの度、本当にこのグループには桃子が
いなくちゃ駄目だと思う。強く思う。

ゼティママン(改ピッコロマン、或いはムラサキTシャツ)の愛情ゼロの司会で
さえ、Berryzはあれだけの頑張りを見せたのだ。先にも書いた、ちなこと桃子
としみハムの観客への鼓舞は、今考えると泣きそうになる。ちなこが手を振り、
会場全員が手を振った。それだけの行為の中に、とても大切なものがあったよう
な気がする。こんな酷い状況の中で彼女達は希望を持っていたし、それに僕らは
惹かれるんだと思う。少なくとも、僕の希望は音楽と彼女達以外に有りはしない。

多分そんな人の内の一人、いや筆頭の一人がありまさんで、彼の何を求めるでも
ない、聖的に無意味なスッペシャルダンス完コピ無限ループは、あい6さん
れっくすさん
始め、僕らの心に熱く響いたのだった。握手直前まで踊り続ける彼
は係員にとっては最大の要注意人物であるはずだったが、握手が始まるとなぜか
その動作は驚くほど紳士的な静かさで、しかし、握手が終わると彼はまたその聖
的無意味なダンスを繰り広げるのだった。彼は今日のイベントの裏MVPだろう(
近くにいた観客の無視っぷりも含め、あんな光景はほんとなかなか見れないよ!)。





あの8人を好きにならずにいられるものか。
友理ちゃんの希望を信じずにいられるものか。ちなこの元気を。梨沙子の百裂拳を。
雅ちゃんの全て焼き殺す視線を。しみハムと雅ちゃんとの友情を。舞波の不器用を。
茉麻の緊張を。弛緩を。桃子へ決して伝わらない、屈折した、しかしストレートな
愛情を。

Berryzのことがまた好きになった。また大好きになった。

2 Comments

うたか  

>梨沙子神降臨さん
初めまして!
昨日はほんとBerryzの底力っていうか、色々見せつけられ
ましたね(泣)。あのへこたれない根性を僕も見習おうと思い
ました。

2005/04/04 (Mon) 09:47 | EDIT | REPLY |   

梨沙子神降臨  

お初です。
いつも拝見しとります。
この記事に嘘 偽り無し。
素晴らしいイベでしたね

2005/04/04 (Mon) 01:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment