FC2ブログ
02
2005

崩壊

CATEGORY未分類
広い体育館でマットの上に寝転がって、天井に見える抽象画のようなもの
に対して僕はポーズを取っていた。周りにも同じように寝っ転がっている
人がいて何かをやっていたけど、僕は全然気にしなかった。こう書くと
宗教的なものに見えるかも知れないけど、その瞬間に僕にはそんな意識は
全然無かった。

ある時、女の子が近づいてきて、僕にキスをした。
**ちゃんだった。「**?」と僕は下の名前で**ちゃんを呼んだ。
そうだ、と彼女は言った。彼女はあの頃そのままの姿でそこにいた。遙か
昔の、記憶の中にしか存在しない**ちゃんの姿だった。僕はもう何も
考えられなくなり、彼女を抱きしめ、そのまま互いの唇を激しく貪った。


しばらくして、**ちゃんが急に私の身体に何かが乗り移っている、と
意味不明のことを叫んだ。**ちゃんの皮膚が急にぼこぼこと隆起し出
した。一瞬の内に牙が剥きだし、**ちゃんは得体の知れない怪物に変
身してしまった。合わせていた指から、鋭い爪が伸び出した。そして、
僕の人差し指は裂けてしまった。

痛みで目が覚めた。


最近、この手の絶望的な夢ばかり見る。
どういうことなのだろうか。

0 Comments

Leave a comment