FC2ブログ
23
2001

Golden earrings

CATEGORY未分類
一晩嘔吐しつつ腹くだしつつうなされつつ大量発汗しつつ寝込んでいたら、
少しは具合が良くなった。ああ、こういう時娘が側にいてくれたら・・・
とはあまり思わなかった。頭が痛くて、本当に何も考えられなかったのだ。
そんな状態なのにモームスだけは2回もしてしまう俺って一体・・・・。

▽生まれて初めて取材というものを受けた。その時点では昨日の酒がばっち
り残っていて、風邪の症状もある程度麻痺していたのだが、話が進むにつれ
、頭がぼーっとして全身に寒気がするようになった。僕の脳味噌の回転数は
極限まで低下し、何回も訳の分からないことを口走ってしまう。「あれ?何
言ってるんだ俺?違う、俺の言いたいことは・・・」取り繕おうとするも、
うまい言い回しが全く頭に浮かんでこない。泥沼だ♪泥沼だ♪(ミニモニテレフォン)
・・つーわけで、もし誌上で変なこと言ってても、大目に見てくださいネ。

▽最近の日記を自分で読み返してみて、殆どオナニー話しかしていないことに
気づいた。全く、最低だ。昨日のオフでも師匠に「ほんとうたかくんって最低
だよね」と言われた。いつからこんな男になってしまったのだろう。まだ出し
たことのない娘。へのファンレター。絶対にここのURLは書けなくなってしまった。

・・・いや、「こんな~私をまるごと愛して!」の精神を見習って、自分を全
てさらけ出すべきなのかも知れない。きしょいヲタとしてでも、僕という存在
を認識してもらえるのならそれでいいじゃないか。きっと・・・娘。達ならきっ
とわかってくれるさ・・・・。


(ファンレターを出して数日後、ibookの周りに集まる娘。達)



 「わ、や~だ~今日またうたかに抜かれてる。きしょっ!」



 「矢口さんって、ほんとうたかくんに好かれてますよね。アハ」



 「え?そういう梨華ちゃんもエスロピの集計によるとトップ3に入ってるよ」



 「なんや、トップ3は全員タンポポやないか。しかもうち、一位やし・・・」



 「辻が四位って所に狂気がにじみ出てるべさ」



 「ダークサイド・オブ・ザ・ムーンってやつですね安部さん!」



 「・・ほら、小川と新垣も早く抜いてもらうように自分を磨きなさいよ!」



 「は~~い(ってそんなリスト入りたくないっつうの!)」



 「・・(うたかくん、私のこと大好きなのになんで抜いてくれないんだろう?)」



 「・・(よっすぃー・・・うたかくんのことが好きなのね・・・梨華、うたか
   くんになんか負けないから!)」


そして、嫉妬する梨華はうたかに接触し、誘惑するのだった。
日記ではよっすぃーよっすぃー言っておきながら、誘惑すればすぐ肉欲に負けるような男だ
と言うことを、自分の身を持って証明しようとしたのだ。しかしそんな梨華の思惑とは裏腹
に最悪の結末が・・・・・(以下十時間妄想略)。