FC2ブログ
14
2005

トロリー・ソング

CATEGORYサッキー
フレッツの桃子日記を見た。
そこにはキッズ達の楽屋風景が映っていたのだけど、僕はそれになぜだか
いつもと違うヴァイヴレーションを感じた。冒頭から、アイリーンにほとんど
萌えなくなってしまっている現状を感じたから…?桃子撮影のぶれまくる
カメラのせい…?映像は続き、いつもと違うしみハムにも不安を覚え、めー
ぐるには(僕が)いじめられるんじゃないかと脅え出す始末。昔僕はめーぐる
に似た女の子からいじめられでもしたっけ?いや、そんな記憶はない。

女の子達の持つ排他性と攻撃的な匂い。
バックに流れている、ジョアン・ジルベルト"Joao Marcelo"の不安な旋律。
僕は何かを思い出している。

妄想の中で、めーぐる達が僕に向ける非難の目の前で、僕は泣き出しそうに
なっている。いつの間にかふらふらと、飲むつもりではなかった酒を手にしている。




sacky.jpg




その映像の中でサッキーを見ている時だけ、僕は安心した。
そして、サッキーを見ている内に、僕はまた大昔のことを思い出し始めた。





あの時、僕の隣に残って、砂場で一緒に穴を掘り続けてくれた女の子…。
サッキーはどこかあの子と似ている。あの時、僕は初めてまともに女の子
と話したような気がする。その子のことを好きにはならなかったけど、僕は
何かにつけてその時のことを、今の年齢まで思い出し続けている。あの子
には、引っ込み思案な僕でも何か打ち明けたくなるような、そんな不思議
な魅力があったんだ。そしてその後、女の子に対して同じような親しみを
感じることは二度と無かった。

大昔に感じた女の子に対する恐怖心と、同時にある女の子に感じた親密さ
の記憶がビデオの中で重なっただけのこと。ただそれだけのこと。

1 Comments

うたか  

全ては個人的妄想です。
僕の妄想とは全く関係なくキッズは素晴らしいのです(泣)。

2005/01/14 (Fri) 14:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment