FC2ブログ
14
2004

寒い

CATEGORYキッズ
とても寒い中、かなりの距離を家まで歩いて帰る途中、
泣きたくなるようなことをいろいろ思ったり考えたりして、
酔っぱらっているのをいいことに道端で本当に泣いてし
まいそうになったけど、こんな所で泣けるかと思い、やっと
家まで辿り着いたらBerryzのデスクトップが待っていた。

年を重ねるごとに人肌が恋しくなるけど、それと同時に
夢の中の恋人も痛切に愛しさを増す。

小学生に恋をしてしまうということが、どんなに許されない
ことなのかを、一般人の言葉で確認しながら、でも、僕は
想いを止めることはできない。「輝き」としか言い表せない
友理ちゃんや舞美さんの笑顔に対して、どう抗えと言うのか…。

歩いていても、ただ愛しい気持ちが募っていくだけで全く答えは出ない。
毎日違う人のことを考えて、整合性も道徳性もあったもんじゃない。
でも、たぶん、そういうものをぶっとばした所にしか恋は存在しない。

もう、好きで好きでしょうがないんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

0 Comments

Leave a comment