FC2ブログ
23
2004

Who Was It

CATEGORY友理ちゃん
友理ちゃんとどこかに行ってしまいたい。
友理ちゃんを独占したい。でも、そんな欲望は友理ちゃんには似合わない…。
でも、やっぱり僕は友理ちゃんを…。考えても考えても終わりが無い。それに、
他のキッズのことだって好きになっちゃってるし…。そんな風に悩んでいる内
に自分はどんどん駄目になっていって、見捨てられてしまうのでは無いかと
言う焦燥感…。現実的に恋人になれないなんて、分かり切ったことなのに。
もうずっとずっと繰り返しここでも書いてきたことなのに。

友理ちゃんの未来の恋人のことを考えるとつらい。
その時僕は何をしているんだろうと思う。今よりもっと駄目になっているのでは
無いだろうか。無気力且つ情けなさ過ぎる展望。気力に反比例して、求める気持
ちだけが大きくなっていく。解決方法はどこにも無いから、忘れるしかない。
忘れた状態でいるしかない。外を散歩しながら音楽を聴いたり、ビールを飲んだ
り、そういうリラックスした時は友理ちゃんと一緒にいる幸せな想像ができる。

だけど、そういう魔法でさえ抑え切れない寂しさが段々大きくなってきた。
たまに一般の人達と会っても、何の話もしたいと思わない。音楽の話は大体合
わないし、僕はテレビは殆ど見ていない。そんな時、話を合わせながらどこか
でずっとキッズやBerryzのことを考えているのだけど、でも、もしBerryzが
現実にここに居たら、話が合うのは僕では無くむしろ「彼ら」の方なんだろう。
いつからか僕は閉鎖的になってしまった…。もうあの頃みたいな熱いシーンは
終わってしまったんだ。こんなにも素晴らしいBerryzが登場しても、もう集ま
って来るのは「ある種類の人々」しか居ない。「状況」のことを考えると、
ゆっくりと心の底からかたちにならない憎しみと悲しみが浮かび上がってくる。
僕はそれに蓋をして溜め息をつく。暗い。





友理ちゃんと、ギルバート・オサリバンの"Who Was It"を聴きたい。
一緒に、ハリケーン・スミスのカバーも聴きたい。友理ちゃんはこの曲に恋愛の
感覚を感じるだろうか?友理ちゃんは恋愛感情をどんな言葉で表現するんだろう?

You and me both feel the same
We even look alike, and like it's a bloomin' shame
That because we do, people think that we're you...
Know what I mean?

の部分でいつもいつも泣きそうになってしまう。
友理ちゃんと一緒にいることを想像する。

友理ちゃん、この瞬間だけ、僕らは恋人だって言い切ってしまっても良いかな…?
胸が痛くなって、自分がどう振る舞うべきかとか、理性は全て吹き飛んでしまうんだ。
友理ちゃん。あとは名前を呼び続けることしかできない。

友理ちゃん、好きです。

0 Comments

Leave a comment