FC2ブログ
14
2004

パッション E-CHA E-CHA

CATEGORYBerryz
トークライブ、みなさんお疲れ様でした。
キッズの部分はほんとちぐはぐになっちゃって、申し訳ないです(泣)。
でも、オカールのことが一瞬でもアピールできたのは個人的にはかなり
感激だったり。あと、酔っぱらって暴言とか吐いてたりしたらすみません…。



CD入手できないままに「パッション E-CHA E-CHA」のフルを(ごめんね、
明日探すからね(泣))。つんくの声バカでかMixに驚いたけど、やっぱ感激
しちゃうわ…(泣)。甘くて、甘くて、甘くて、甘くて、はちゃめちゃで、元気で、
初々しくて、解放感に溢れてる。この変な出会いに、ほんとに感謝感謝!!!

一緒に歌いたいと思う。
「ムカつくかわいい」みたいな言葉があるのなら、僕にとってはそれはオカー
ルや桃子のためにある言葉で(笑)。それはそれでとっても愛しい想いでは
あるのだけど、友理ちゃんや茉麻に抱くような恋とはたぶんまったく別のも
のだ。だけど、桃子が「付き合い出してそして半年過ぎた日が来たなら」と
歌っている瞬間、そのような全ての括りを越えて僕は桃子に恋をする。

音楽でしか、その曲の中でしか得られない恋愛みたいな感情。
Berryzが頭の中に思い描く未来の恋人。曲の中でだけ鮮やかに浮かび上
がるあの子の笑顔。曲を通して、僕らは恋をしている。ああ、みんなの声が
愛おしくて愛おしくてたまらない…。

26歳になっても、そういう感情は中学生の頃から大して変わってなくて。
昔みたいに、3分間のポップ・ミュージックの向こうに、即眼の球ハートマーク。
胸がキュンとして、舞い上がって、もう何も手に付かなくなって。あの頃と違う
のは酒を飲んでることだけかも知れない…。





日常生活の中でBerryzのことを思う時、そこには性や社会の意識が混じりこん
で、僕は結構苦しかったりする。でも、Berryzとのなんとか記念日とか、マンション
買っちゃって何百人とか親戚増えちゃったりする光景とか。

曲を聴きながら歌詞を追い、その向こうにBerryzの姿を想像していると、僕はただ
幸せだけを感じる。混じりっけ無しの感情を。





30回位続いたリピートをオフにして、ドン・カニンガムを聴く。
雅ちゃんの奴隷になることを考える。純粋では無い妄想。
それに何かが混じっているのを取り除くことはできない。

いつ、何が混じったんだろう?雅ちゃん?

Don't Set Me Free.
I Want To Be Your Slave...


0 Comments

Leave a comment