FC2ブログ
24
2004

桃子メモ

CATEGORY茉麻
たまに、桃子に薦めたい漫画のことをふと考えるんだけど、
いつも「これだ!」と言うのが思い浮かばなかった。桃子と
同じようにトイレに漫画を持って入り、その漫画を開かずに
しばらく目をつぶっていたら急に何の脈絡もなくこれだ!と
思った。「反町くんには彼女がいない」(リンク先は作者
の有川祐さんのサイト)。どうかなぁ……?

「反町くん」って笑える話にも悲しい話にも、いつもどこか必ず
不安な感覚が漂っていて、ああこの感覚ってなんだったろうな
…とかいつも考えるんだけど、それってやっぱり子供の頃、「家
の外」に感じていた不安そのもののような感じがする。家から
遠く離れた所まで一人で来てしまって、「もう二度と家には帰れ
ないんじゃないか」と思った瞬間や、そこで初めて見る「奇妙な
人達」に抱いた底知れない不安。そんなものを僕は思いだす。

しかし、冷静に考えると桃子はこういう漫画は分かってくれない
ような感じもするなぁ…。むしろ、マーサが一番分かってくれそう
な…。しかし、漫画に限らず好きな女の子にものを貸すのって
ドキドキしたよなぁ…。もうそんな人周りのどこにもいないんだけ
ど(泣)。よし、マーサにプレゼントって手も考えておこう。