FC2ブログ
03
2001

From喜怒哀楽

CATEGORY未分類

今日は仕事場でモーヲタを発見した。
30回以上もコンサートに行っている強者だ。しかし、大して話は弾まずに終わった。
正確に言うと、僕がその会話を楽しいとは思わなかった。・・まず僕が思ったのは、
ああ、俺が今までに出会ったモーヲタ達はなんて素直で優しいんだろう!と言うこと。

まあ、その人がモーヲタと言うよりかアイドルオタクと言う感じのノリだったのだ。
モーニング娘。が好きなのかどうか知らないけど、「新メン(第三次のことね)が入った
頃から嫌いになった」とか「コンサートにはもう飽きた」だとか「自分はどこの有名な
モーヲタと知り合いだ」だとか「やっぱLOVEマ以降のファンはちょっとねぇ・・・」だ
とか、その人の話題はそんなことばかりだった。僕が嫌いなオタクの典型だ。

不毛な見栄の張り合いは、いい加減うんざりだ。別に自分を飾らなくてもいいじゃないか。
「加護ちゃん可愛いよなぁ・・」の一言でもいいじゃないか。そんなに、自分がモーヲタ
であることをかっこ悪いと思わなくてもいいじゃないか!(みつを風)

・・さっきも書いたように、僕が幾度と繰り返すモーオフで出会った人たちは、なんて素敵
な人たちなんだろう、と改めて思った。みんな、娘。を愛する気持ちが溢れちゃう…Be in love
な人たちばっかりだ。無口な人だって、なにかしらその愛情が伝わって来る。そういう空間に
いるのは、とても楽しいことだ。実際、僕は今娘。イベントとモーオフだけを楽しみに働いている。


僕のモー友(造語)でも古くはおニャン子等から流れてきた人もいたりするのだが、そういう
人たちと喋っていても今日の旧世代アイドルオタクのような雰囲気は微塵も感じられない。
これはやはり、「いつの時代もイヤな奴はイヤな奴なんだよ」と言うことなのだろうか・・・。

でも僕は思うのだ。十年前にはとしひろさんやたかひろさんのようなヲタは絶対居なかっただろう、と。
それはやはりモーニング娘。以降なのだ、と僕は思う。

モーニング娘。が全てなわけじゃないけど、今の時代はそういう言い方もアリだろう・・と、僕は思う。

最近疲れて泥酔して日記を書いているので、恐らく意味不明な日記になっているのでは・・と僕は思う。
ごめんよ。あとメールも返事遅れててごめん。あー、もう寝る。



娘。