FC2ブログ
28
2004

Berryz

CATEGORYBerryz
時空がねじまがったような感覚の中から抜け出し、僕はその意味を
考えようとするけど、そこには何の意味も見つからない。僕の妄想と
現実があまりにもかけ離れているからなんだろうか。僕は決してそれ
に不幸を感じているわけでは無く、むしろ喜びをともなった驚きを感じ
ている。だって、あんなに好きな、こんなに好きなBerryzと会うことが
こんなにもあっけないものだなんて。一人になって急に淋しくなる。

もっと気の利くことをいうべきだったとか、目をしっかりと見るべきだっ
たとか色々思うけど、その時の僕にはそれしかできなかったのだ。
もし明日それがあったとしても、きっと僕は同じようにしかできない。

僕はいつも僕の部屋で、茉麻は、しみハムはどの位大きいのか想像
する。でも、全然上手くいかないから、イベントではどの位の大きさ
なのか目に焼き付けてやろうと思う。でも、しみハムと握手したその
瞬間から僕は異次元に陥ってしまい、時間の流れや、縮尺や、全て
のものをいつものように見ることができない。ただ、彼女たちの存在
に、その手の小ささに驚いてしまう。これは夢なのではないか?



僕が考えている梨沙子と、現実の梨沙子は奇妙に違っている。
でも、本物の梨沙子とは、その奇妙に見えた方の梨沙子に違いなく
て、僕はまた混乱する。彼女の成長の速さに僕の意識はついていけ
ない。悲しくて悲しくて、たまらなくなる。でも、僕はその悲しみに近
づくためにここに来ているようなものなのだ。

考え込んでいるうち、現実の表面近くまで意識が浮かび上がる。

僕は、Berryzが好きで、これからもっともっと好きになる予感がする。
昼間のビールと眠気が幸せに身体を包んでいる。ふと、舞波のとびきり
頑張った笑顔を思い出す。舞波が愛しくなる。ああ、Berryz……。

今日のは、夢じゃないんだよね。夢でも会えるといいね…。
夕暮れどきに感じるこの寂しさを、みんなも味わっているだろうか。