FC2ブログ
23
2004

感想は、ティッシュ

CATEGORYBerryz
2004ハロコンDVDパンフをリピート。
そのままビール100杯飲んでしまいそうな、キッズ、Berryzの可愛さよ…。
マーサはやっぱりお客さんの前に出るとガチガチになっちゃうのかな。屈託
ないマーサのそのままの姿が見られて、すごく新鮮で、そして安心する。
そして、このDVDのみやびちゃんの可愛さは小悪魔なんてものじゃなくて、
本当の悪魔だと思う。…今、また肝臓の辺りがしくしくと痛んできたんだけど
それはみやびちゃんのせいだ、とでも言いたくなってしまう。そのくらい可愛い。

この子達はどうしてこんなに可愛いんだろう。
どうしてそんなことができてしまうんだろう。

彼女達がいつか成長したら、いつか、僕は彼女たちへの興味を失ってしまう
のだろうか。僕はまた、時間が止まって欲しいと思っている。何かが身体から
はみ出してしまいそうな気がする。ラジオで舞波が僕のメールを読んでいる
時、その声が聞こえた時、やっと少し僕はそれを現実だと捉えられたような
気がする。写真や、ブラウン管や、雑誌や、ポスターは現実では無い。それを
基に僕がかたちづくった彼女達は、現実に存在する彼女達とはかけ離れた
ものなのだろうか?それを知る術はあまりに限られているし、その基を僕は
収集し続けている。かたちづくることそのものに喜びを感じ始めている。

そして、イベントやライブの瞬間、現実とそれがクロスすれば、それでもう充
分だ…とはまだ思えない。やっぱり、僕はどこまで行っても現実のあの子達
を求め続けるんだろうと思う。そして、その願望はあまりに反社会的なものを
含み過ぎている。暗く重い蓋を開けると、そこには欲望や、裏切りが渦巻いて
いる。僕は、次第に分かりあえる人を、友人と呼ぶべき存在を益々無くしてい
くような気がする。僕はふと、あの暗い学生生活のことを思い出す。

現実に触れようとした時、あの子達は去って行った。
みやびちゃんは去らないで、いてくれるだろうか?

僕は何の根拠も無く、願うことしか出来なくなっている。