FC2ブログ
18
2004

Memories

CATEGORYキッズ

初めてヤフオクでキッズの運動会写真を2枚落札。
ああ、届くのが楽しみだ楽しみだ…とマイティ・スパロウなどを
聴きながら一人ほろ酔い(のち酩酊)。

ああ…この日本当は最前列(というかメンバーの休憩場所に
すごい近いところ)だったはずなのに、最前前に設置されたど
でかいブースのせいで最後列に移動。なのにダフった友人は
偶然最前列…と言う悔しい、ほろ苦い思い出があるのだ。
しかもまいまいに会えると思って楽しみにしてたのに居なくて…。
とかなんとか言いながら実はめちゃくちゃ楽しかったんだけど。
白いTOKYOのポップ・マジックが初めてファンの前で炸裂した
日でもあったし…!



ああ、しかしブルーチームの手足の長さったら……!
そしてオレンジチームのほ乳類的な、幸せな肩寄せ合い具合…。
みんな本当に表情輝いてて、本当に楽しかったんだろうなぁ…と思う。

なんか最近ジュースのCMでスティール・パンで"I want you
back"っぽい曲(そのもの?)をやってるんだけど、そのCMが流
れる度にキッズ南国妄想へ浸ってしまい、もう何もする気が無く
なってしまうんだよ…と、泥酔しながら心の中でキッズに語りか
ける。そのまま"Come to the Sunshine"、ヴァン・ダイク・パー
クスを経由してハーパース・ビザールへ。ああ、「サイモン・スミス
と踊る熊」のPVをまいまい主演で撮ったらどうだろうか……。
ああ、ランディ・ニューマン、ニルソン、まいまい……。

考えてごらんよ
君に打たれた注射のことを
君が抱える難題のことを
君が知ったニュースからの君の憂鬱を、君の苦悩を

と、コール・ポーターの"Anything goes"の訳詞にはある。まいちさ
コンビは、未だ注射の恐怖と戦っているのだろうか…。



ふと、ブルーチームとオレンジチームの写真は、小学校の集合写真み
たいだと言うことに気づく。廊下の壁に張り出され、一枚いくらだかで、
用紙に記入して注文するあの写真。まるで今のハロショのようなシステム…。

あの頃の写真には、下手すればそこに自分が映っていた。好きな子の
隣か、遠くに自分が映っていた。でも、僕はもうその隣に映ることはでき
ない。その写真に関する記憶を共有することもない。それを見てお互い
に想い出を語り合うこともない。…そんなことは最初から分かっていたのに。



考えている間、二人ゴト重ちーを通過し言語崩壊。
急に重ちーと結婚したくなった。記憶がぐちゃぐちゃになって、愛おしさ
だけが暴走して、次々と女の子の顔が浮かぶ。僕がなぞっているのは、
結局僕の感情の起伏だけなのかも知れない。いつもいつもいつもいつも
こうやって、迷路で野垂れ死んでしまう。"Anything goes"の歌詞を僕
は思い出す。そして、その内寝てしまう。もう今さっき考えていたことを
思い出すことはないだろう。