FC2ブログ
09
2004

友理ちゃん

CATEGORY友理ちゃん
眠る瞬間、また友理ちゃんが愛しくなった。
恋なのかな。恋じゃないのかな。

楽になりたい。
起きて友理ちゃんが隣に居たら、最初は驚くだろうけど
僕は幸せになるに違いない。僕はそれより、起きて友理
ちゃんがなんて言うのかを知りたい。「ここはどこですか?」
とかそういうことを聞くんだろうか…?そしたら僕は正確な
地名を言うだろう。「私はなんでここにいるんですか?」と
聞かれたら僕は分からないと言うだろう。

友理ちゃん、そんなことは分からないけど、そのまま側に
いてくれ。僕はもうダメなんだ。友理ちゃんが居ないと
ダメなんだ…。友理ちゃんの存在を近くに感じたい。
その体温を感じたい。それは、そう思うことは現代では
犯罪的なことで、友理ちゃん自身もそれを嫌がるだろう。

それを考えると絶望的な気持ちになる。
友理ちゃん。身の程を知ってはいるつもりだけど、それでも
この感情だけは抑えられないんだ。友理ちゃんのことが
好きなんだ。友理ちゃん、側に来て。側に居て……。