FC2ブログ

archive: 2007年12月18日  1/1

落第

No image

高校の授業中、作文を朗読していた彼女が突然僕を罵倒し始めた。「ウタカ君は、**の癖に**で…」それはとても屈辱的な言葉だった。僕は驚きとともに激しい怒りに包まれ、筆箱を壁に投げつけ席を立った。涙が出そうだったが、みんなこちらを見ていたので我慢した。僕は彼女に向かってろれつの回らない舌で捨て台詞を残し、教室を飛び出した。担任ではない、違う学年の教師が僕を追いかけてきて、訳を聞いた。僕は歩きながら、彼...