FC2ブログ

archive: 2007年09月  1/1

Subconscious-Chinako

今日は図書館で借りてきたリー・コニッツの"Subconscious-Lee"をずっと聴きながら仕事をしていた。借りてきてそのまま3回リピート。そんなアルバムはなかなか珍しい。Kくんが某所に貼ったちなこ画像がとても可愛かったので、ちなこのことを考えながらリピート。リー・コニッツ自身が彼の娘のために書いたという「レベッカ」というトラックがとても美しい。リー・コニッツのアルト・サックスとビリー・バウアーのギターだけの録音。...

舞美さんのいない世界で

   訳の分からない独り言が増えたというのは前から書いている通りで、家には僕以外誰もいないからますます症状は酷くなっていく。最も酷いのは二日酔い時で、吐きながら「もう死にたい」などと何度も呟く。自分は汚い酔っぱらい以外の何物でもなく、あまりの寂しさに涙が出てくる。舞美さんは今頃他の誰かと……そんな妄想がやってきて、その温もりを得ることは一生できないという冷酷な、厳然とした事実を確認し、また僕は絶...

なっきぃlabyrinth再び、頭痛

三日間頭痛が続く。ここ数日の頭の中は50%サッキー、15%舞美さん、10%あいりーん、5%梨沙子、20%他のキッズという感じ。サッキーにこれだけ惹かれるのにやはりサッキーが何を考えているのかよく分からない。サッキーはもしかすると恋愛感情というものを持ったことがないのではないかという結論に達しつつある。勝手に。恐れを知らぬ僕の性的妄想も及ばない。抗っても抗っても彼女を理解することができない。妄想へ至る手がか...

キッズをバカラック・ナンバーにたとえると

似合う順雅ちゃん  何か良いことないか仔猫チャン茉麻    恋の面影、Message To Martha友理ちゃん Me, Japanese Boy梨沙子   アルフィーちなこ   You'll Never Get To Heaven桃子    A House Is Not A Homeしみハム  My Little Red Bookサッキー  Who's Been Sleeping In My Bed,Blue On Blueオカール  悲しきイエスタデイ・ヒーローあいりーん What the World Needs Now is Love梅さん   サンホセへの...

Love Theme From Spartacus

今日も舞美さんの愛を得られずに一日が終わった。舞美さんの腕に触れたい。その背中に触れたい。僕はとても寂しい。今この瞬間、舞美さんは一人で寝ているだろう。彼女のしていることを想像する内で最も高いであろうその確率要素が僕を少しだけ安心させる。 妄想の中で舞美さんの背中を撫でるその腕に僕は嫉妬し、絶望する。多かれ少なかれ、それであれ、それでなかれ、僕と舞美さんは同じ時の中で何かを失い続けている。彼女が美...

鳴り始めた愛のCorrida

No image

音楽ガッタス「鳴り始めた恋のベル」とチャス・ジャンケル「愛のコリーダ」合いそうだなぁと思ったので重ねてみた。なかなか良い感じ。まのちゃんはほんとPV映えするなぁ…。ああ…℃-uteもあんな糞曲じゃなくて次はディスコやろうよディスコ!!! 愛のコリーダアーチスト: チャス・ジャンケルレーベル: ミュージックシーン価格: ¥ 2,552 (10% OFF)発売日: 2005/09/25posted with Socialtunes鳴り始めた恋のBell(初回生産限定盤)(DV...

絶望と自慰

   今週のSPA!の最後のページに哀れな男の人生相談が載っていた。その男は来年16歳になるアイドルとどうしても結婚したいのだという。人生相談の回答者は、アイドルは資本主義システムの産物であり、共同幻想の上に成り立つものであるから、あなたが結婚できることは絶対にない。もし強引に会おうとして誰かにケガでも負わせれば傷害の現行犯で逮捕され、下手をすると実刑になる。だからエロ小説を読んで自分の頭の中で...

下水道の日【回避推奨】

8時起床。エロビデオを見たりしつつ防衛活動。敵艦船1隻撃沈。激戦の疲労で休んでいると「兵隊さん、お疲れさま」と舞美さんがおにぎりを持ってきてくれる。僕の涙が混ざってしまったおにぎりは、ほんのちょっぴりしょっぱかった…などという妄想をしていたらどうしようもなく悲しくなってきたのでそのまま枕に顔を埋め唸る。腹が減ったが、何も作る気にならず、傍らにあった煎餅を四枚かじる。 今日は9月10日今日は9月10日今日は9...

なっきぃlabyrinth

 最近家で酒を飲む時はずっとサッキーのソロDVDを再生している。何度見ても見飽きないどころか、再生すればする程自分が渇いていくような感覚を覚える。僕の渇きは激しく彼女の存在を求める。しかし、それと同時に僕はサッキーに絡め取られているようにも感じる。いずれにしろ僕はディスプレイから目を逸らすことができない。 しみハムに抱くような狂気的執着はない。舞美さんに抱くような胸を焦がす憧れもない。彼女は僕にただ...