FC2ブログ

archive: 2007年03月23日  1/1

しみハムから遠く離れて

反応厨化してからしみハムとの握手は失敗してばかり。もちろん凹んでいるのだけど、失敗すればするほど僕は「あるべきしみハムとの関係」を強く妄想するようになり、その世界でしみハムは狂おしいほどに愛しさを増す。僕としみハムが恋人で、見るもの全てが輝いて見える世界。そんな世界を妄想しながら、現実のしみハムとどんどん離れていく。悲しくもそこに何か甘美なものを感じてしまう。寂しくて、寂しくて、寂しくて、僕は変態...