FC2ブログ

archive: 2007年02月03日  1/1

哀しい夢

No image

回避推奨。めーぐると待ち合わせしているが、いくら待っても彼女が来ない。その内に僕は、それが妄想であったことに気づき始める。それが夢であるというのに気づいたということではなく、僕とめーぐるが待ち合わせをしているという前提が、僕の勝手な思い込みではないかと思い始めた、ということだ。携帯電話が鳴り、僕は彼女の声を期待するが、違う女の声だった。やはりこれは僕の妄想であるのだ。僕と彼女は恋人ではなかったの...