FC2ブログ

archive: 2006年11月30日  1/1

タイムスリップ幽霊

サッキーがまだ小5の頃のハロプロコンの楽屋。サッキーはその時青い衣装だったはずなのに、白い衣装を着ている。僕は幽霊としてそこに立っている。サッキーには僕の存在は見えない。不安そうなサッキー。背が伸びるかどうかを気にしているようだ。僕は「だいじょうぶ、サッキーはちゃんと大きくなるよ」と励ました。僕の声はサッキーに聞こえないはずだが、サッキーは不思議そうにきょろきょろ辺りを見回した。僕の存在はサッキー...