FC2ブログ

archive: 2005年11月24日  1/1

もう何も言葉にならなくて

No image

オカールに抱きついて泣きたい。反射的に意味もなく母性を発揮しだすオカールに僕はユーモアを取り戻す。オカールのことを考えている瞬間だけ、完全な子供になれる。オカールのことが愛しくて愛しくてたまらない。オカールを連れて桃子の家に遊びに行きたい。僕らはそこで「ザクッと」以上の暴虐を尽くすのだ。その暴虐が今の桃子を安心させるような気がしないでもない。オカールの天真爛漫さに無条件に安らぎを感じる。一体この感...