FC2ブログ

archive: 2004年07月20日  1/1

二日酔い2

No image

ヘパリーゼやウコンも段々効き目が薄くなっていってるような気がする…。意味不明なことを呻きつつ、脂汗を拭う。目はかすみ、肝臓が張っているのが分かる。記憶を辿れば辿るほど不安が大きくなっていく。ああ、今日はBerryzラジオの日じゃないか……。もしメールが読まれれば、二日酔いなんて吹っ飛んじゃうんだけどな……。...

地獄の底の二日酔い

No image

こみあげる胃液。なぜか性欲が暴走する。隠れていた、酷い人間性が顕れる。全てが剥き出しになった状態。少女に対する性愛。社会。善と悪。醜さ。美しさ。地獄のような目まいの中で、僕は何かに手を伸ばす。その存在の美しさから、僕は遠く離れている。僕があの子に抱いている愛しさは、あまりにもどろどろとし過ぎている。なぜこんなことを書くのかと言えば、きっと僕は懺悔したいのだろう。全てを許して欲しいと思っているんだろ...