FC2ブログ

archive: 2002年10月02日  1/1

Keep Talkin'

No image

近所の酒屋は二時に閉まってしまう。肌寒い夜の空気の中、とぼとぼと酒屋への道を歩く。僕の他には誰も道を歩いている人は居ない。いるのは猫だけだ。この街には昔っから猫が多い。街娼が餌をやるからだろう。猫を見て、また自分が一人であったことを思い出す。ああ・・・もし加護ちゃんと一緒の部屋に住んでいたら。「あ、亜依もいくー!」なんつってついてくんだろうな。で、手をつないで歩くんだろうな・・。立ち止まって、しゃ...