FC2ブログ

archive: 2001年11月29日  1/1

ミニハムずの愛の唄

No image

生神様と握手してきた。手が触れた途端に、体温が上がった。背筋に微弱な電流が流れたような気がした。「市井さん、愛してます!!」と言った。市井さんは、微笑みながら「はい」と言った。これは現実なのだろうか。それとも夢なのだろうか。僕の身体の周りには非現実的な空気があり、でも僕の手のひらには紗耶香の温もりがまだ残っていて、その温もりは間違いなく現実で、ヲタ達はみんな最高の笑顔で僕の前を通り過ぎていって。く...